2020/7/21 電車内でマスクを着けない人々を晒し者に!盗撮画像を大量公開


電車内でマスクを着けない人々を晒し者に!盗撮画像を大量公開

電車内でマスクを着けない人々を標的に、盗撮行為を繰り返している男性に関する情報が当サイトに寄せられた。連日のように盗撮行為に及び、その画像をTwitterで公開して晒し者にしているというのだ。

男性が電車内で撮影した画像を定期的に公開するようになったのは、新型コロナウイルス問題で緊急事態宣言が出されていた5月上旬だ。通勤時の電車の混雑状況を報告するツイートと共に、車内の様子を撮影した画像を掲載していたが、当時は乗客の顔を写していなかった。6月、電車内でマスクを着けない人々に限って、高い確率で目の前でくしゃみや咳をすると批判。「悔しいから、顔を撮影して、アップしようと思う」と宣言した。

男性曰く、「自粛警察に、なりたくありませんが、ボクも、自分の身を守らなければいけないので、あえてやります」。このように記して、マスクを着けない人々の顔を盗撮した画像を掲載した。晒し者にすれば、マスクを着けずに電車に乗る人の数を減らせるという考えのようだ。これ以降、盗撮画像を立て続けに公開した。画像にモザイク加工等は施されていなく、人々の顔が鮮明に写っている。

 

 

 

 

 

盗撮が行われたのは、多くが東武スカイツリーラインの車内だ。その他、東京メトロ日比谷線の車内での盗撮画像や、近所でマスクを着けずにジョギングをする人物を撮影した画像もあった。7月上旬には、車内でのマスク着用への協力を呼びかけるアナウンスをしてほしいという要望を東武鉄道に出したと書いている。

当サイトでは、東武鉄道に連絡をとった。広報の担当者によると、本件については把握していなかったという。そこで、発覚に至る経緯や問題視された点、当サイトにて確認できた事柄について、関連情報を伝えた。事実関係を確認し、必要に応じて適切に対応をとるとのことだった。なお、本記事掲載時点までに、一連の盗撮画像は削除された。

※モザイク加工は当サイトによるもの