NHK訪問員がマナー違反の迷惑行為で晒される事態に、その後どうなった?


 先日、NHK(日本放送協会)の受信契約・収納業務を委託されている企業の訪問員がマナー違反の迷惑行為に及んだとのことで、Twitterで晒されるという事態が発生した。当該のツイートは、2019年6月23日のものである。このたび、本件がその後どうなったのか、NHKは把握しているのか調べてほしいという依頼が、当サイトに寄せられた。

本件を暴露したのは、東京都立川市の飲食店の店主だ。NHKの受信契約・収納業務を担当する男性が、飲食店を利用したわけでもないのに店の前でタバコを吸い、吸い殻をポイ捨てしたという。しかも、1日のうちにそのような行為に2度も及んだというのだ。店主は、喫煙中の男性とその身分証を撮影した画像を公開した。

 

01

 

02

 

2回目に目撃した時点で男性と身分証を撮影したそうだ。当初、男性は「身分証は他人に写真を撮らせてはいけない」と述べて拒んだという。吸い殻を拾って帰れという店主の指示を男性は無視して、謝罪の言葉もないまま自転車に乗って帰っていったとのこと。「俺の店、あいつには灰皿かゴミ箱なんだな(泣)」と店主は憤りを表明している。

 

03

 

04

 

これらのツイートは大きな反響を呼び、各所に情報が広められた。身分証の画像には企業名も写っており、NHKや同社を批判する人々も相次いだ。男性の勤務先の企業は、以前にも別件で非難を受けたことがあるようだ。やがて、男性とその身分証の画像と、それらの画像があるツイートは削除された。

当サイトでは、男性の勤務先とされる企業に本件を尋ねた。応対した担当者によると、このたびの問題、そしてそのことがTwitter等で問題視されたことも含めて、自身は全く把握していないという。同社で本件を把握しているかどうかは、社内で詳細を調べてみなければ分からないと述べるにとどまった。

そこでNHKの本社に連絡をとったが、受信契約等に関する業務は地域ごとに担当が分かれているため、本社の管轄ではないとの説明があった。本件が発生した地域を担当する営業センターに連絡してほしいという。当該地域を管轄するNHK西東京営業センターに確認したところ、本件については把握しているそうだ。

ただし、センターとしては、今回の騒動の直接の当事者ではない当サイトに対して話すべきことはないと、担当者は述べた。なお、当サイトに本件を知らせてきた情報提供者本人がNHKに何らかの回答を求める、あるいは意見を述べたいということであれば、センターへ直接連絡してきてほしいとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの